ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

結婚した友達の助言を大きなお世話と思っているうちは結婚できない

私は必死の婚活の末に彼氏ができたとき、アラサー独身の友達にも同じように彼氏を見つけてあげたいと本気で思った。みんなに幸せになってほしいと。

 

だから、会社の人やその友達にちょうどいい男がいれば、紹介するよと言っていたし、私が利用した婚活パーティーや婚活アプリなんかも教えた。

 

既婚者の余裕は独身アラサーからしたら限りなくうざい

 

自分自身がアラサーで、友達に紹介してくれなんてなかなか言い出せなかったことや、その反面、なりふり構わず婚活しなければいい人となんて出会えないことを経験していたから、結婚を望む友達には純粋に幸せになってほしかった。

 

だから、お節介を焼きまくった。

 

しかし、私が逆の立場だったら、婚約者を見つけて余裕の友達が、いい人紹介するよとお節介を焼いてきたら、きっとこう思う。

 

うぜぇうるせぇ上から目線で物言ってんじゃねぇ

 

まぁ30歳超えて彼氏なしの独身女なんて、こんな感じですよ。周りはみんな結婚して、親兄弟に結婚はまだかと急かされて、イライラしっぱなし。友達の好意も正直大きなお世話なんだよ!と思うだろう。

 

あるいは、私は大丈夫だから、自分でいい人見つけられるし、と変な見栄やプライドがあるのかもしれない。

 

しかし、婚活ってそんなに甘いもんじゃない。婚活は戦場だ。就職活動と同じだ。優良物件には当然ながら、多くの申込みがあるし、どんどん婚約という契約を結んでいく。

 

見栄やプライドにとらわれているうちは、いい人なんて見つからないのだ。私は婚活中だ!と大きな声で周囲にアピールしなければ、見つかるものも見つからない。

 

結婚した友達の助言を素直に聞けるようになったとき、あなたの婚活は終わりを迎えるだろう

 

ひとりで婚活をがんばっているものの、なかなか思うようにいかないのなら、全力で周りの人に頼ってみよう。恥も捨てて、いい人がいたら紹介してくださいと頭を下げよう。

 

そうやって、自分から掘り起こさなければ、いい人なんて都合よくあなたの前に現れてくれるはずがないのだ。宝物は自らここにあるよと場所を教えてはくれない。

 

変なプライドは捨てて、最後の婚活はじめてみては?