ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

いい男は二度と市場に出回らないという悲劇

ダメ男とわかっていても、別れられない

 

そう嘆くあなたは、この事実を知ってもそう言うか。

 

いい男は女が絶対に離さないし、若いうちに刈り取られる

 

年齢が上がれば上がるほど、いい男に出会える確率は下がる。本当にいい男は女が絶対に離さないし、そんな女と結構あっさりと結婚してしまうから。そして、いい男は浮気などすることもないため、独身市場から消えると、二度と市場に出回らない。

 

花粉症にかかる人は都会の人が多いらしい。田舎のほうが木が多いのになぜか。都会はアスファルトが多く、花粉を吸収しないため、田舎から飛んできた花粉が延々と舞っているらしい。だから花粉症が多い。

 

年齢が上がるほど、独身市場からいい男が消えていくということは、つまり、あなたがダメ男と別れられないとグダグダやっているうちに、独身市場に占めるいい男率が減少し、都会に舞う花粉のように、ダメ男が市場にわんさか出回っている。

 

あなたが数年かかってダメ男と別れる頃には、市場はダメ男で充満し、結局次に出会う男もダメ男率が高まる。さらにそのダメ男に捕まっている間に、市場ではさらにダメ男率が上昇する。まさに悪循環である。

 

もちろん、市場にいい男が残っていないわけではないが、そんな男を見つけ出すのは至難の業である。しかも、その数少ない、いい男をGETするためには、彼らを狙う若いピチピチした女の子たちと戦わなければならない。ホラーの領域だ。

 

市場にいい男がひとりでも多く残っているうちに、独身市場に出かけよう

 

ダメ男は常に市場に出回っている。彼女がいようが、結婚していようが、彼らには関係のない話である。常に市場に出回り、買ってくれる人を探している。そして言葉巧みに彼女たちに近づき、寄生虫のごとく、彼女たちの心の中に住み着いてしまう。

 

なんて恐ろしい生き物なんだ。腹が立ってきた。

 

とにかく、いい男が市場に出回るのは一瞬だし、その一瞬を逃せば、残念ながら二度とめぐりあうことはない。だからこそ、まだ20代のピチピチ女子と戦う戦力があるうちに、独身市場へ出かけよう。

 

思い立ったら吉日!!ダメ男と別れるなら今がその時!!