ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

弱ったときだけ寄ってくるサイテーなダメ男

これは、高校生のときの友達の彼氏の話。

 

彼女の彼氏は同じ高校の先輩だった。付き合い始めた頃は、普通の高校生カップルって感じで良かったんだけど、彼が卒業して大学生になってから、関係性がおかしくなる。

 

大学生になった彼は毎日のように飲み会や合コンに行き、彼女を放置するようになる。そして、やりたいときだけ彼女に連絡。浮気というより、都合のいい女?くっついては別れてを繰り返し、そのうち付き合ってるのか付き合っていないのか、わからない状態になっていた。それでも彼女は彼のことが大好きだったみたいで、彼の言いなりで、はいはい女になっていた。

 

彼女は結局彼のすべて許し、そんな彼女を彼は散々利用していた。

 

そんな男に振り回される友達を見かねて、私はいい加減、縁を切るようにと彼女に強く言った。1年ほどそんな関係を続けた結果、彼女もさすがにダメだと気づいたようだった。そして、彼女は彼に別れを告げた。

 

 

それからしばらく経った頃、想定外の出来事が起こる

 

 

久しぶりに彼からメールが来た。元気にしてるか?久しぶりに会いたいと。さらに、やっぱりお前じゃなきゃダメだという。

 

ようやく気づいたかバカ野郎と思ったが、それも一瞬だった。彼はバカどころか、大バカ野郎のサイテーなダメ男だった。

 

彼が彼女に連絡してきた裏事情はこうだ。

 

 

彼は飲み会で飲み過ぎて、酔いつぶれた。そして、階段から足を踏み外して落下。その結果、なんと彼は両耳の聴力を失っていたのだ。大学にも行けず、完全に弱っている様子。

 

そりゃそうだ。ある日突然耳が聞こえなくなるんだから、それはそれは大変なことだと思う。自己責任とはいえ、残念なことだと思う。だけど、だけどだよ、だからって彼女に連絡してくるのはあまりにも都合が良すぎないか?

 

彼女は、どうしよう、私が面倒見たほうがいいかなと本気で悩んでいたが、そんな彼女を私は全力で止めた。今まで彼はあなたにどんな態度をとってきたか、どんなに都合良く利用してきたか思い返しなさいと。そんなサイテーな男に同情する必要なんてない。自分が弱ったときだけ都合良く寄ってくる男なんて、ソッコー縁を切るべきだ。

 

彼はきっと後悔しただろう。彼女を大切にしなかったことを。でも、目の前の大切なものに気づけない男なんて、私はいらないと思う。