ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

ダメ男遍歴①―初めての彼氏―

今日は私が初めて経験したダメ男についてお話します。

 

中学校に入学してしばらくした頃、私は彼氏がほしくてたまらなかった。今思えば、なぜあんなに彼氏がほしかったのかわからない・・・。

そんなとき、隣のクラスのMくんが私のことを好きだという噂が流れた。ただし3番目・・・。(この時点で気づけよ!3番目ってなに?!)

 

その噂を聞いた私は、告白すれば付き合えるんじゃね?って思った。(ほんとバカ)
とにかく彼氏がほしい私は早速彼に告白。(プライドも何もない)
そして思いっきり振られる「ごめん、無理」(え"ーーーー!!!)


彼が私を振ったことを知った友達が、彼を説得。「3番目でもいいじゃないか。告白してくれたんだから付き合えバカ」(なんかちがう、そもそも告白したのが間違い)

 

そんな流れで初めての彼氏ができた。(パチパチパチ?)でも初めての彼氏だから何をすればいいのかわからない。当時は携帯なんて持ってないし、メールもできない。家電で話したりしてたかな。

 

そして初めてのデート。自転車で動物園。(かわいすぎ)

お昼ご飯買って、動物園行って、動物を見て、14時頃には帰宅。朝早く出発しすぎてやることなくなった

 

楽しかったのか?なんだかよくわからないままデート終了。(そもそもお互いそんなに好きじゃないことが大問題)

 

彼氏ってこんな感じなんだ。ふーん

 

翌日学校へ行くと、クラスのみんなが知っていた。みんなが昨日のデートの内容を知っている。しかもすみずみまで。は?!

 

友達に理由を聞くと、「彼が朝からペラベラしゃべってる」と。しかもあることないこと何もかも。さらに仕方なくデートしてやったと。(3番目だから仕方ない)

 

私が好きだというので、仕方なく付き合ってやってると。(1回フラれてるからね)

 

でもデート中は普通だったのに、ネタにしようと思ってたのか。仲の良い友達に話すのはわかるけど、みんなにしゃべりまくるなんてサイテーと思いつつ、何も言えず

 


その後も電話の内容から何から何までペラペラとしゃべりまくるから、3ヶ月ほどでお別れ。むしろ3ヶ月もよくもったなー

 

ということで、私の初めての恋愛はあっけなく終了。恋愛というより恋愛ごっこ!次こそまともな彼氏を作るぞー!と意気込んだけど、このときは、この出来事がその後のダメ男人生の幕開けに過ぎないことを知る由もなかった。