ダメ男からの脱却

アラサー独身女がダメ男から脱却して幸せになるために悪戦苦闘する話

モテるのではなくチョロいだけ!

男が勝手に寄ってきて、自分はモテるなんて思ってた。だってカワイイだのキレイだの、いっぱい言われるしって、それは大いなる勘違いだった。

まず、普通に考えて超絶美人には気軽に声をかけられない。では、なぜ私は声をかけられるのか。そこそこレベルの顔面で、普通に会話ができれば問題ないのよ。


だってヤリたいだけなんだから。巨乳ならラッキーくらいの気軽さ。つらい、つらすぎる現実。


でも、入口は同じはずなのに、なぜ自分ばかりダメ男に当たるのか???
実はダメ男を引き当てているのではなく、自分から価値の低い女に成り下がっているということ。


例えば百均で買ってみたけど、使えなかったものってどうしますか?
「1回試したけどダメだな〜ポイッ」

例えばお腹が空いたけど、そんなに時間をかけられないとき、どうしますか?
「軽く立ち食いそばとかハンバーガー食っとくか」


これが大事にされる女と、あなたとの違い。モテるのではなくチョロいだけ!もうほんとにチョロQ並!


だって、「もう1軒だけ付き合って!」「21時からしか空いてないけど、どうしても会いたい!」とか言われて、「もう仕方ないなぁ」ってのこのこ行ってない?もちろん私は行ってたわよ!バカやろう!
ちょっとめんどくさいなと思っても、誘われるのは嬉しいので、のこのこと。


それは男の人からすると、「はい、チョロい。いただきます。」でしかない。ほんとに好きな女相手なら、その子の終電を気にしなかったり、自分の都合で呼びつけたりしないだろ。


行きたきゃ行けばいいけど、めんどくさいなら帰ればいい。気にしなくても次はあるから。
いつでも男の都合で会える女か、なかなか予約の取れない女か。どっちが優先されるかなんて考えればわかるだろ。


と言いつつ、またのこのこと誘いに乗る自分を呪いたい。